ややデヴ中年チャリダー備忘録

45才にしてロードバイクにはまりつつある、ややデヴ中年チャリダーの備忘録: 痩せられるか?! はたまた、ややデブ卒業は夢幻か?!

TL? TLR?

今日現在のところ、少し揺れていることがある。

それは、ホイール&タイヤ周りについて、だ。

先日のブルベの時、PCで少しお話した速そうな同業が言っていたんだが、なんせチューブを使うのがリスクだということだ。
その人は結局、なぜかチューブラーにいってしまったんだが、僕の場合はチューブレスタイヤということになるのかな。。。

もしTLタイヤ導入ということになると、ホイールも見直さなきゃならない。
Emonda完成車付属のホイールはTLRだが、妻チャリ用になっているし、ちょいと重い。
レーゼロカーボンもゾンダも、クリンチャー専用だ。
となると、MavicのUTSか、TLRを出しているメーカーのホイールも同時に購入しなけりゃいけなくなる。

Domane TRISTAR号に履かせているゾンダに不満があるかというと。。。
概ね満足なんだけれども、不足点がないわけじゃない。
35㎞以上の巡航は、はっきり言うと辛い。それが追い風でも、だ。
一方、脚に優しいのは事実で、600走った後に筋肉痛は残っているのだが、走っている最中は脚が売り切れるほどにはならない。
そこそこ登れるホイールであることも事実ではある。
そういう意味において、ゾンダはブルベにはとてもフィットしたホイールなのではないかと思っている。

と、なると。。。

本当はゾンダをTL化できればいいのだが、ワイドリムになってからカンパニョーロのTLR機構である2-Way Fitが外されてしまっている。
よって、ゾンダのTL化はできない。

では、ホイールを買い替えてまでTLにする必要があるのかどうか。。。
そもそも、僕はホイールを新調したいのか。。。

う~ん、どうなんだ? 自分でもよくわからない。

平坦ブルベでは脚を休ませる状況を何らかの形で作り出さなきゃいけないのは確か。長距離の下りがないからね。
それは、PCで長く休むのか、楽して進むのか。

え?
ディープリムか・・・
BontragerのカーボンはTLRだなぁ?
XXX4
(出典:TREKホームページ) 
 
まじか?
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 

下りで3倍速く走れというシャア専用サイコン

曽我梅林200でも、その前のチバラキ600でもそうだったんだが。。。

新兵器シャア専用サイコンことLezyne Super GPSの調子がイマイチだ。
ほとんどの場合で-1.5%という勾配表示になっている。
湘南国際村の登りでも、-1.5%から最大でも4%の間をいったりきたり。

全然3倍速く走れない。

同じサイコンの量産型を装備しているHRさんも同様で、どうやら、ファームウェアのアップデート以来の現象なのだそうだ。 

さすがにこれには参る。
日本の販売代理店にクレームのメールをだしたのだが、対応はされるのだろうか?
 
ブルベなので、平坦か、ゆっくり登っているか、メチャクチャ登っているか、くらいわかれば最悪何とかなるのだが、そうでなければ、一体自分がどれくらいの坂を登っているのか、どれくらいのペースでいけばいいのか、といったベンチマーキングに使えなくなってしまう。

登りでも-1.5%って、どういうことよ。。。

あ、下りだから3倍速く登れってことか?
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

BRM113 東京200曽我梅林 寒い寒い詐欺で初めてのグルベ

1月13日、今年度ブルベ第2戦、BRM113東京200曽我梅林に参加した。
Soga Bairin
 

自転車仲間のHRさん、HGさんと一緒で、3人でブルベを走るのは去年の日本橋300大仏以来かな。

このブルベに関しては、テーマは全くない。認定さえ取れればそれでいい、と、思っていた。
目標タイムもないので、目標と言えば完走すること、ということだ。

事前の天気予報では、南岸低気圧の影響で、雨風が強く気温も低いということだったが、蓋を開けてみれば結構いい天気。昼間なぞは、あったかくすら感じた。

今回の装備は、結構な軽装で臨んだ。サドルバッグは持たず、サドルの後ろは輪行袋を括り付けただけ。
必要な工具はツールケースに収納し、200kmなら着替えもいらないだろうということで、ウィンドブレーカーだけ携帯したのだ。

あたたかいといっても、日の出までは寒かった。風がなかったのが幸いだった。

例によって、等々力競技場に集合し、スタートは6時。車検の順番で僕はAグループだったが、HRさん、HGさんはDグループ。なので、少し先で待って、3人で出発。

まずは中原街道をひたすら進む。信号も多く、なかなか団子がばらけない。なので、僕とHRさんとで先頭に出て、少し速度を上げたところ、4人くらいの集団まで小さくなった。
ところが、HGさんが信号で引っかかったのか、千切れてしまった。中原街道の場合、一度信号で千切れると、アップダウンもあることから、なかなか追いつくことができなくなる。結局、HGさんが追いついたのはPC1でのことだった。

さしたる出来事もなく、PC1まで順調に進んでいった。68kmを3時間10分程度かな。グロス21.5kmほどなので、いいペースだと思う。
IMG_0482
 
HRさんは、速くなっている。
GPSが不調で、一本道しか曳けないといいって、ド直線の部分を曳いてくれたのだが、なかなかのスピード。後ろについていくのがとても楽だった。

一部追い風になる場面もあり、逃してなるかとばかりに速度アップする場面もあった。

今日のHRさんは、どうやら、空腹との戦いになったようで、燃費がかなり悪そうだった。PC1に着くまでも、腹減った連呼。
PC1では、お好み焼き焼きそばなんて、ガッツリ食べていた。
じきにHGさんも到着。

しばらく休んで3人で、三崎に向けて出発。

気温が結構上がってきた。平塚のあたりでは15度を超えたと思う。
今日のアウターは、パールイズミのウィンドブレークジャケットに、Mont BellのZeo Lineインナー。つまり、僕の装備で最もあったかいコンビ。
ということで、オーバーヒート気味になってしまった。

が、風は結構強めに吹いている。風向きによっては当然向かい風になる場面もあるなどしたが、まあ、辛いは辛いが、死ぬほどの辛さというわけでもない。
なにせ、タイムはどうでもいいというのが今日のコンセプトだからね。

さて、3人で走っているとHRさんの「腹減った」症状が出た。あれだけPC1で食ってたのに。。。
僕の手持ちの補給食を提供し、なんとかなったのだが・・・
今日のHRさんは、異様に燃費悪いぞ。

相模湾沿いを東進し続け、横須賀市に入り、林交差点からいよいよ三浦半島を横断することになる。
ここから通過チェックのフジトモ商店までは、アップダウンが続く。
なので、そこまでは各自のペースで進むこととなった。

暖かいっつーか、暑いよ~

天気はとてもよく、三浦海岸からフジトモ商店までの登りは大汗。
IMG_0484
 
天気がいいので、見晴らしは最高だった。


やがてHRさん、HGさんも到着し、一息入れてPC2まで走り出す。
ひと山越えて、三崎港のコンビニがPC2だ。

さて、三崎と言えばマグロ。
13時前くらいだったので、7時間弱。138km地点なので、グロスでちょうど20㎞/h。貯金も2時間以上ある。
なので、マグロを食おうということになった。

港近くの食堂で、三浦丼を注文。
実は、これがこのブルベのハイライトだった。
IMG_0485
 
なにせ、ブルベに出るようになって、ブルベ中の食事はほぼ100%コンビニで済ませている。覚えている限り、コンビニ以外の食事は、去年の東京400で通過チェックに指定されていた道の駅で食ったラーメンのみ。
それ以外は、コンビニでしか補給をしてこなかった。
ということは、初めてのPC外グルメ。

やった~
ついに、噂のグルベをすることができたぞ!

とてもおいしかったです。
燃費の悪いHRさんは、大盛りなんかにしていたしね。


1時間弱ほど休憩してリスタート。ここから湘南国際村入り口まではアップダウンからの平坦路、ということになる。
結構渋滞もあり、なかなかスピードに乗れない。
途中、電動チャリが坂を登っていたので、それに負けまいとして抜いたのだけれど、結構きつかった。
そして平坦路に入ると、どういうわけか、すごい睡魔が襲ってきた。お腹いっぱいになったからかな~

あの手この手で睡魔を追っ払いつつ走っていると、このブルベ一番の登りである湘南国際村。
トンネルを抜け、コンビニ脇までは各自のペースで登った。
どうも、HGさんがひざに痛みを感じるとのこと。何ともなければいいが。

ここから先は、毎度毎度おなじみのコース。
心の中で、野島公園の左折だけはミスしないようにと思っていたのだが、案の定左折ポイントをミスって直進。
何度来てもミスってしまう。
このあたりで、信号で千切れてしまったのか、HGさんの姿が見えなくなってしまった。
まあ、力のあるライダーなので、心配する必要はないのだけれどね。

その後は、向かい風に悩まされながらも進んでいき、横浜のMMを過ぎたあたりで小休止。
IMG_0486
 
すぐに出発して、R1から鶴見に入りゴール。1分後にはHGさんもゴールした。

R1で一人の同業女子が歩道を走っているのが目に入った。そしたら、僕とHRさんの後ろにつかせてほしいという。
なんでもR1は交通量が多くて怖いので歩道を走っていたのだそうだ。
そうりゃそうだ、ビュンビュン飛ばすもんね。

そんなこんなでゴールし、武蔵小杉で認定受付をして帰宅と相成った。
貯金は2時間残してのゴールだったが、そんなに速いペースでもなく、なにしろ初めてのグルベができたというのが大きい。

また、寒い寒い詐欺の一日でもあった。
いろいろ着込んで出走した割には暖かく、昼間はオーバーヒートに悩まされた。 

仲間とゆるりと走るのは楽しいね。信号待ちでいろんなお話しできるのはうれしいし楽しい。っつーか、緊張感のないルンルンサイクリングに近かったなぁ。

これで、600と200コンプリート。SRまで300と400。 
次戦は東京300で、再来週だ。これを完走すれば、残すは400のみ。花粉症シーズン到来前にできるだけ走っておく大作戦なのだ。 

本日の記録
走行距離:234.5km
獲得標高:1890m
カロリー:6954kcal
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

チャリは臭くなる

チャリ生活はクサイ。いろんなモノが臭う。

large


まず、シューズ。
放っておくとスゴイ腐敗臭を放つようになる。この世の末だ。

そして、ビブ。もちろん、言わずもがな、だ。

インナーやらジャージやらも臭うようになる。

最近気が付いたのは、夏は意外に臭わないということだ。冬の方が湿気がこもる分、臭いが強烈であるような気がする。

先日のブルベで、どうも自分から臭ってきている気がしてならなかった。
それも、信号待ちで。
だとすると、どこかに強力な臭いの素があるはずだ。
確かに、ジャケットやインナーも臭いはするが、信号待ちで気が付くほどではないはず。
ネックウォーマーやキャップなんかも原因としては考えられるが、PCで休んだ時にチェックしてみたら、それほどでもなかった。

原因は、帰宅して脱衣するときに判明した。

スゴイ腐敗臭で、シューズ以上のレベル。もはや、兵器レベルの腐敗臭。
それは。。。
乳バンド!

早速、洗剤に漬け置きしたのだが、はたしてその効果やいかに。。。
7回に1回は手洗いしてね、という注意書きがあったものの、今まで放置プレーにしていたツケがきたようだ。 

乳バンドの腐敗臭は盲点だった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ダメに決まってんだろ!

会社から帰ってくると。。。

見慣れぬ差出人から郵便が届いていた(AR中部から)。
なかには、メダルっぽいものが。

きました、2018年SRメダル。
FullSizeRender
 
AR中部がメダル発送をしてくださっているのだ。
ありがとうございます。

並べてみた。

IMG_0488


自画自賛。

妻が言いました。
「ひとつ頂戴よ」
「なんで?」
「ゴルフのマーカーにちょうどいいかな、って。ダメ?」
「ダメに決まってんだろ!!!」
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
最新コメント
  • ライブドアブログ