ややデヴ中年チャリダー備忘録

45才にしてロードバイクにはまりつつある、ややデヴ中年チャリダーの備忘録: 痩せられるか?! はたまた、ややデブ卒業は夢幻か?!

雨が降る前に着いて〇〇を防げ

昨日6月17日は、スカイラインを含めたフジイチをしたが、今日は東京に戻らなきゃらならない。明日は普通に仕事だし。
 
さて、日曜日の18日、天気予報によれば午後から雨になるという。
なので目標を東京到着正午に設定し、7時前に山梨を出発した。5時間15分で110kmいけるか?
それに、ワイフの留守中にやっておきなさいと言われた家事も残っているので、なんとしてでもワイフが帰ってくる前までに終わらせておかなきゃならないのだ。
さもなくば、超級山岳噴火になってしまう。こればかりは何としてでも防がねばならない。

時間をかけていいのならばいろんなルートの選択肢があるが、結局、例によって山中湖から道志経由となった。
image

山中湖では曇りなりに富士山も見えたし、ヨカッタヨカッタ。 

山伏峠を越えると快適な長距離下り基調ダウンヒル、のはずだったのだが。。。
昨日も東向きは向い風だった。つまり東の風。それは今日も変わりはなく、せっかくの下り基調なのにスピードに乗れない。
道志みちの駅にちょっと寄ってみたが、まだ開店前なので、そのままスルー。

いつもこの時間にこのコースを走っていると、これでもかってくらいの数のローディーにすれ違うのだが、今日は極めて少数しかすれ違わない。
みんな午後の雨予報を知っているからか。。。
だったら、僕も急がなきゃ雨雲に追いつかれちゃう。 

青野原のサークルKまで頑張って漕ぎ続けた。
向かい風がうらめしい。

あれ?
雨降るんだったら、西の風で追い風になるんじゃないの?
追い風どこ行った? 

サークルKでようやく最初の休憩。
結果から言うと、最初で最後の休憩。
もう一度どこかで休憩しようとは思ったのだけれど、途中で鼻の頭に一滴ポツっというのを感じたので、そのまま行けるところまで行こうと。。。

津久井湖を経て、相原から町田街道、尾根幹だと時間がかかるしまだ昨日の疲れもあったので、アップダウンの比較的少ない多摩NT道路から多摩川へ。
多摩サイを経て得意の多摩河原橋。
ここまでくればいつもの練習コース。

東京の自宅についたのは11時55分で、雨には降られずに済んだし、タイムの目標もクリア。
家事の宿題を済ませる時間もたっぷり。

自転車的には移動しただけだったけど、100km以上乗れたので満足。

本日の記録
走行距離:111.1km
獲得標高:669m
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スカイライン経由フジイチ(その2)

(続き)

コース脇には、5合目までXキロの看板が出ている。いくら漕いでもちっとも減らない。
それでも、どんな登りだってやがて必ずてっぺんにたどり着くのだ、これ、自転車の真理。
なんとか、0キロポストにたどり着いたが。。。

きついのはここから!
スカイライン自体は0キロポスト地点が起点というか終点というか、そんなんだけれども、本当のゴールは、ピットレーンみたいなのがまだ続いているその先なのだ。
はっきり言って、それが一番きつかった。

どうにかこうにかピットレーンの最上部にたどり着き、ここが本当のゴール。
11時45分くらいだったかな。
あれ?
標高が。。。
スバルラインの5合目は2305m。ここは2400m。
え~

スバルラインの5合目は、建物もいくつかあって結構な観光地だけれど、スカイラインの新5合目は、もっと素朴だ。
食堂あるから、ま、いっか。
とにかく空腹感が激しかったので、食堂で頼んだのは富士山カレー、1100円。
2017-06-17-11-58-32
 
味は。。。
ノーコメント。

看板の前で写真を撮り、ウィンドブレーカーを着て下山開始。
BlogPaint
 

途中、一瞬雲が晴れて海が見えたが、写真ではうまく撮れなかった。
2017-06-17-12-36-12
 

料金所跡にたどり着いて、左折。
御殿場方面を目指す。
あ~、まだまだ先は長いなぁ。
あと半分くらいか。輪行バッグなんて持ってきていないから、自走して帰らなきゃな。。。

ここから裏箱根街道R138までは下り基調なんだが、まずは向かい風。
-2%とガーミンでは表示されているけれど、下りなのに漕がなきゃ進まない。
おまけに、舗装が相当痛んでいる。穴ぼこが結構ある。これ、はまると転倒する可能性が高いと思う。
よく注意しないと危ない。

自衛隊の演習場の脇を通って、R138に出て左折。須走まで、だらだらした登りが続く。
ここら辺は快晴で暑くなってきた。体力が奪われていった。
しかも、御殿場から山中湖に抜ける唯一の幹線道路なので、大型も多く、気を使いながらだらだらと登るのは疲れる。
っていうか、もう、脚が売り切れ寸前なのだ。
5合目でカレー食ったといっても、食った瞬間に消費されちゃったというか、5合目にたどり着くまでに食い尽くしたマイナスエネルギーの補填に充てがわれただけって感じなので、またまた空腹との戦いになったのだ。
でも、ここまでくれば勝手知ったる土地。
須走までいけば、コンビニもあるし道の駅もある。
コンビニの方が先なので、コンビニによ ろう!

で、浅間神社の向かいにあるコンビニに到着。
なんだか、コンビニが神々しく見えてきた。
ここはサイクルラックもあるし、イートインもある。

ようやく、満足のいく補給ができた感じがした。

ここで20分ほど大休止。
休憩して補給して、なんとか身体が回復してきた。
ここからは籠坂峠への登りなのだけれど、激坂がないことは知っているので、気は楽だ。
えっちらおっちら登っていくと、ピンクのTシャツを着たクロスバイク軍団が降りてきたのにすれ違った。
MTBかな?
20台くらいだったろうか。。。
いくら激坂じゃないとはいえ、当然下りはスピード出る。が、誰もヘルメット 被っていない。大丈夫なんかい?
事故ってもしらんぞ~

籠坂峠までは道も広いので、大型も飛ばしていくが、あまり危険性は感じないのがいい。
2017-06-17-14-23-05


籠坂峠をクリアして山中湖へ。
我が家へは山中湖からも200mほどのアップがあるのだけれど、まあ、距離感わかっているし、そこはさほど苦痛に感じずになんとか我が家へ帰ってきた。

フジイチ達成!

登りも下りも同じはずなんだが、下りの印象がほとんどない。なんか、ずっと登ってばかりいた印象だ。
距離的には130kmほどだから、特段きついわけではないのだけれど。。。
とにかく、スカイラインをなめていた。
フジイチのおまけくらいに思っ ていたけど、全然おまけじゃない。どっちかっていうと、スカイラインがメインディッシュでフジイチはスカイラインへ自走したらついてきた、ってな感じだった。

それにしても、補給の重要性を思い知った一日だった。

あー、疲れた。

そうそう、獲得標高自己ベストだった。
獲得標高自己ベスト


謎が一つ残っている。
煉り羊羹2本持って行って、1本は食べた記憶があるんだが、もう1本はどこで食べたんだろう。。。 パックポケットに残骸があったので食べたのは間違いないんだが、食った記憶がない。。。 

本日の記録
走行距離:130.4km
獲得標高:2893m
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スカイライン経由フジイチ(その1)

さて、今日(6月17日)はワイフが社員旅行で留守、ってことは、丸一日好きに使える日なのだ。

今までは富士ヒルに備えてスバルラインばかり登っていたが、ちょっと毛色を変えたコースを走ってみたくなった。
それは、フジイチ。富士山周りを一周するのだ。

ただ単にフジイチするだけじゃ面白くないし、いままでスバルラインばかり登っていたので、今回はスカイラインも登ってやれってことにした。
それになんか、登らないとつまらないし。。。

というわけで、山小屋を7時過ぎに出撃した。
今回は、反時計回りにいくこととし、まずはR139を西進。
鳴沢を過ぎてそのままR139で精進湖から本栖湖に行ってもいいのだけれど、林間コースを選択して、途中で左折してK71へ。
本栖湖展望台まで最初のヒルクラ。
展望台で、同じく今日フジイチするというローディーと少し話をして、僕が先に出発。
ここから朝霧高原にかけては、雄大な風景が広がる地域だ。
スイスっぽい風景だが、残念ながら富士山は雲に隠れてしまっている。
自転車でロングライドするにはいい気候なのだが、ここは高原だから晴れても気温が上がらない、なので、富士山は見えてほしかった。。。

富士山が見えないながらも周囲の風景を楽しみながら下り基調のコースを快調に進み、上井手交差点を行ったん右折。
右折するのは、単に、コンビニに寄る為。

実は、ここで大失敗をしてしまった。
スカイラインを、スバルラインと同じくらいの難易度と想定してしまったのだ。
朝食はおにぎりを二個食べ、本栖湖展望台でもう一つ食べはしたのだけれど、ここでもう少し補給しておくべきだったのだ。
野菜ジュースを飲んでウィーダーインゼリーを買ってバックポケットに収めただけで出発してしまった。
これは大失敗だった。

その時はまだ身体に余裕があって、そのままK72を南東に進んで、スカイラインのとっつきを目指した。
アップダウンはあっても、なんだか身体が軽く、快調に進んでいった。

篠坂の交差点を左折すると、いよいよスカイラインだ。
ちょっと進むと10 %勾配の標識も出てきた。

2017-06-17-09-00-29

ここから5合目までは、登りっぱなしの23km。
それをなめていたのだ。

篠坂からしばらくすると、ちょうど、山小屋から富士山山頂を挟んで正反対の位置関係になる。
が。。。
ずっと10%前後の勾配が続く。
え、10%? あれ?
10%って、スバルラインよりきついじゃん。 

スバルラインは、標高約1000mから始まるが、ここらでよく見てみたら、500mじゃん。
看板によれば、5合目までは24kmとなっている。
距離同じで登らなけりゃいけない標高は50%増し。
勾配きつくなる訳じゃん、それじゃ。。。

はっきりいって、想定外だった。
ああ、そういえば、学生の頃スカイライン登った時、めちゃくちゃきつ かったっけ。
先輩、なんでこんなところ連れてきてくれちゃったりするんですか、なんて恨み言をいったこともあったな、そういや。

あと、登っているはずの山が目の前にまだででーんとみえるってのを経験したのも、スカイラインだった。
ああ、きついコースだったんだ。
フジイチするのに、なんでこんなところきちゃったんだ、俺。。。

身体は、最初は軽かった。だが。。。
やがて、腹が空きだした。しまった、補給食。。。
手元にあるのは、さっきのコンビニで買ったウィーダンインゼリーのスーパーエナジーと煉り羊羹2本。
ハンガーノックになる前にとりあえずカロリーを補給しなきゃということで、西臼塚駐車場で休憩がてらウィダーインゼリーを補給した。

でも、まだスカイラインをなめていたところがあって、なんだかんだいって、5合目だろ、スカイラインもスバルラインも名前似ているし、なんて思っていた。

西臼塚駐車場からちょっと登ると、いよいよ料金所跡。
ここからが本格的な登り。
相変わらず空には雲がかかっていて、山頂は見えない。登っているうちに、雲を抜けて5合目が晴れてりゃいいや、なんて思いながら料金所跡を通り抜けた。

が。。。
きっついの、スカイライン。
ごめんなさい。

スバルラインよりも50%増しくらいの勾配。
ってか、スバルラインが緩傾斜なんだな。
空腹感がいよ いよ募ってきた。
こりゃまずい。
リキ入れようとしても、脚に力が入らない。ずっとインナーロー。
傾斜が緩んでも、1段か2段しかギアを上げられない。
だましだまし登ってきたが、さすがに七曲駐車場で力つきた。
2017-06-17-11-10-35
 
何か腹に入れないと、こりゃだめだ。
まずは煉り羊羹1本。これで少しは腹が落ち着いた。
でも、脚に力が入るのには時間がかかりそうだ。鼻水をかもうとバックポケットを探ると、なにかが指に触れた。
あ、これ! PowerGel梅味!
そうだ、万が一と思ってバックポケットに入れておいたんだ!

これでなんとか、少しは力が入る気がしてきた。
BCAAのパウダーなんて3本持ってきたのに補給食忘れるとは失敗だったが、たまたまポケットに入っていたPowerGelに救われた。
とはいっても、満タンってわけではないので、漕げる範囲でいくしかない。

雲の中に突入し、さらに登っていく。
ヘアピンのインはインナローでもダンシング。
やがてどうやら雲の上の方に出たようで、山頂が一瞬見えた。
2017-06-17-11-31-06


以下、次回。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

もう一つの目標達成!ってか、皇居90周以上。。。

富士ヒルの余韻もようやく薄くなり、また平常の生活に戻りつつある。

富士ヒル後初めての夜練は、皇居周回に出かけた。
Kitanomarukoen Hillセグメントでのタイム狙いだ。

まずはR20を東進し、ひたすら皇居を目指す。
時折ふく風がちょっと悩ましいが、まあ、許せる範囲。

心配は、夕食に食べたラーメンがちょっとヘビーだったこと。

今日は、最初の周回から踏んで行こうと決めていた。
竹橋の信号も青で、30kmのペースで登りに突入。
フロントはアウターのまま。途中の緩斜面ではギアも上げ、スピードに乗ることができた。
これは調子いい。
ところが、左車線は高速の入り口専用なので右車線に進路変更しようとしたとき、黒塗りの車が僕と並走するのだ。
抜かすんならさっさと抜かしてほしい。
若干それで緩んでしまったが、料 金所の信号も青で、スピードに乗れたまま代官町通り最高点まで踏み続けることができた。

結果としては、60秒ちょうど。

2017-06-16-09-55-26
 
やった!
目標達成。
あの黒塗りがいなければ、あと1秒か2秒は短縮できたと思う。

以前、記録を統計的に解析した時の60秒到達時期は、5月29日と予測した。
それよりも2週間ちょっと時間がかかってしまったが、まあ、ほぼ予測通りということにしよう。

そのあと2本トライしたが、2本目は信号に引っかかり、3本目は喉がカラカラに乾いてしまって、どうも調子が出なくなってしまった。
なので、今日は3本で終了して帰宅の途についた。

おそらく、のどの渇きはラーメンのスープを飲み干してしまったからではなかろうか。。。
ボトルの水を飲みはするが、お腹がタポタポになるだけで、渇きが潤されない。
仕方ないので途中の自販機でコーラを買って飲み干した。

に、しても、だ、もう皇居は90周以上したんだ。。。 

本日の記録
走行距離:36.1km
獲得標高:151m
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

富士ヒル備忘録おまけ(自作タイムテーブル)

富士ヒル備忘録おまけ。

タイムの目安をどう設定するかはひとそれぞれだけれど、僕は一応何回か試走したので、90分切りするならば、なんとなくどこでどれくらいのタイムで、っていうのがわかっている。

よく、5キロを何分、とかで設定すると思うが、僕の場合は、距離ではなくて、合目で設定している。
キロ数だと看板を見落としてしまうかもしれないし、そもそも試走のときはキロ数看板なんて出ていない。
なので、常設でしかも大きくて目立つ“○合目”の看板をベンチマークにしているので、本番だけキロ数だと混乱してしまう。
もちろん、道路脇の距離表示杭を参考にするって手もあるけれども、本番じゃいちいち確認してらんないし。

”○合目”だったら、1合目から4合目までしかないので覚えやすいし。
僕はメモを手書きして、ステムに貼り付けておいた。
2017-06-15-20-15-57


あんまり細かくしても、どうせ走っている最中はわけわかんなくなっているだろうから、これくらいが丁度いい。

左から、合目、距離、時間

だいたい、これくらいで行くと1時間30分切りでチョイおつりがくるくらい。 

これで僕は十分だった。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
livedoor 天気
最新コメント
  • ライブドアブログ