ややデヴ中年チャリダー備忘録

45才にしてロードバイクにはまりつつある、ややデヴ中年チャリダーの備忘録: 痩せられるか?! はたまた、ややデブ卒業は夢幻か?!

100kmと行動半径

なんだか、100kmライドが当たり前になってきている。
いつもよりちょっと早起きすれば、お昼までには100kmライドなんて終わってしまう。
前回のフジイチ2回目だって、6時前に家を出て富士山一周して帰ってきたのは11時前。5時間半くらいかな。
だからといって、平坦路ばかりってわけじゃなく、1600mも登っている。
しかも胃痛との戦いしながらだったし。

そう考えると、100km先の目的地って目と鼻の先なんじゃないのかって思う。
100kmはもはやロングライドではなく、中距離ライドとしか思えなくなってきた。
50kmライドで往復だと目的地までは25㎞。ちょっとその辺、くらいの感覚だな。

距離感覚が崩壊しているっていうのもあるんだろうが、これはある程度走力がついてきたからそう思えるようになったんだろうか?

まあ、そんなことが言いたいんじゃなくて、100kmライドが当たり前になってくると、目的地の選択肢が爆発的に増えるってことが言いたい。
日本橋を起点にして半径100kmの円を描いてみた。
 半径100キロ

いやあ、関東の主要部はほぼカバーしているじゃないか!
北はまだ奥行きがあるけれど、東西南はいけちゃう。
輪行すりゃ、またまだたくさん目的地があるじゃないか!

改めてこうやってみると、休みがいくらあっても足りない気がしてきた。

やべ~
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フジイチ2回目(その2):熱中症?脱水症状?

(続き)

ここで少し休んでR469を再び進み出し、R138を目指した。
R138までは細かいアップダウンを繰り返すが、胃痛が少し和らいできたので多少は楽に進むことができた。
R138に出ると渋滞していた。
ここから籠坂峠に向けてずっと登りなのだけれど、この渋滞は須走まで続いた。
自動車や自動二輪より僕の方が速く進むくらいで、途中で目があったワンボックスに乗った家族連れからはびっくりしたような表情をされてしまった。
とはいえ、進んだり停まったりで、結構体力を消費する。国道ながら平均5~6%の勾配なので、一定のリズムで登り続けたいのだけれども、渋滞のスピードに合わせて加減速を繰り返すのは、少々辛い。

そんなこんなで、須走道の駅に到着。
ポカリスエットを買って一気飲み。
ここからは、最後の峠、籠坂峠に向けての登り。峠まで7㎞ほどで、平均勾配は5% 前後。車道も広いので走りやすいのだが、ここは霧の名所でもある。
案の定、霧というか、霧雨というか。。。 また雨か。。。

籠坂峠は、静岡側から登ってくると、途中で静岡と山梨の県境を越すことになる。でも、峠自体はその先。
大きなヘアピンを曲がったら峠だ。2017-08-13-10-11-28

峠につくと、雨は上がっていた。

ここから山中湖に下って、いつものルートで帰宅。
山中湖畔も、お盆休みだけあって交通量が多かった。運転に慣れていないドライバーも多そうで、それアリか?という運転もチラホラ見かけた。
歩行者も多かったので、注意を払いながらの走行となった。

そんなこんなで11時前には帰着し、2回目のフジイチ完工。BlogPaint


帰宅すると、ワイフがぎっくり腰になっていた。
かなり激しいぎっくり腰で、まるで動けない。とりあえず、保冷剤を腰に当てて炎症を鎮めようとするのだが、身体を横にしているので、なかなか保冷剤を固定することができない。
そしたら、「あ、あれで固定して~」と指差す先には、なんと、今は使っていないガーミンの乳バンド。
なるほど、そういう使い方もあるのか。。。

僕はと言えば、ワイフがぎっくり腰で使用不能となり、僕が家事やらをしていたのだが、どうも頭も痛いし、なんだか腰のあたりも痛いし、そもそも全身の倦怠感を感じるようになってきた。
胃痛からくるものかもしれないと思い、寝ようとしても、眠れない。
だいたい、朝早く家を出て、途中で煉り羊羹などの補給食をとったとはいっても、きちんとした昼食はとっていない。にもかかわらず、あまりお腹が減らない。
つまり、具合悪いのだ。

ワイフは、それ、熱中症じゃないの?というので、いやいや、きちんと水分補給したぞ、おれは熱中症じゃなくて胃痛だ、といって、途中の水分補給を思い返してみた。
すると、確かに、1.5リッターしか水分補給していない。
あの汗の量からすれば、1.5リッターじゃ少ないかもしれない。そこで、経口補水液を飲んだ。
そしたら、しばらくして頭痛も倦怠感も和らいできた。
ってことは、やっぱ熱中症(もしくは脱水症状) だったのかもしれない。

前回のフジイチは補給食摂取失敗、今回のフジイチは給水失敗。
なんだかフジイチすると身体にダメージがくる。

本日の記録
走行距離:105.6km
獲得標高:1630m
消費カロリー:2281kcal
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フジイチ2回目(その1):寝冷えで胃痛が。。。

世間はお盆休みやら夏休みやらだが、僕はそんなのとは無関係に仕事をしている。
退職した社員の補充もままならず、久々に「仕事で」午前様になってしまう日もあるくらいだ。
なので、平日は全く走れない。フラストレーションがたまる。。。

で、お盆前の3連休、ようやく走れそうな日がやってきた。
ただし、午後からは雨の予報。
となると、午前中だけか。
せいぜい120kmくらいだな、乗れるとしても。

コースは、いつもの(1)御坂~笹子~中央都留CCか、(2)都留に出て秋山~厳道峠~道志か、あるいは(3)フジイチか。
第1案は、先日別件で近所まで行ったので、なんとなく却下。第2案は、1週間ぶりのライドなので厳道峠の激坂に耐えられそうもないので却下、よって消去法で第3案のフジイチになった。

ただ、前日からあまりリズムが良くなかった。
本当は、前日ゆっくり準備して早起きしようと思っていたんだけれど、用事が押してしまい、布団に入ったのが12時過ぎ。
しかも、暑くて寝苦しく、なかなか寝付けなかった。さらに、起きた時に判明したんだけれど、パジャマの前ボタン全開で寝ていて、寝冷えをしてしまったようだ。これが、後々ひどい目にあう導線だったんだが。。。

ただエライもので、前日にきちんとご飯を炊いておいたので、朝4時半に起きてもきちんと朝食を食べてから出発することができた。

さて、 天気の方は曇っている。フジイチという割には、富士山は完全に雲の中に隠れてしまっていた。
湿度はかなり高く、めちゃくちゃ蒸している。湿度が高いこと自体は、僕的には問題ないのだけれど、汗が滝のように流れてくることになった。

今日のフジイチは、例によって反時計回り。
鳴沢村から県道に入り、本栖湖展望台で最初の休憩。2017-08-13-06-19-19

まあ、曇っているせいで展望どころではないが、なんとなく雲海チックな光景には出会えた。

さて、出発しようかと思ったその時、急に胃がキリキリと痛み始めた。
しばらくすると収まったので出発したんだが。。。

道は朝霧高原に差し掛かるが、富士山は相変わらず雲の中。
雄大な牧草地帯も、晴れていればもっと気分いいんだけれどな~2017-08-13-06-38-17


で、胃の方はというと、周期的にキリキリ痛みが襲ってくる。
結構な激痛で、痛みだすと漕げなくなってしまうくらいだ。下り基調なので漕がなくてもいいのだけれど、それでも痛みがひどい時は、ちょっと停まって痛みが治まるのを待った。

やがて上井出のコンビニに到着。
ここまでで30kmチョイなんだが、下り基調にも関わらず汗が噴き出てくるので、すでにボトルは空になってしまっていた。ので、ボトルのドリンクを補充し、補給食を買った。前回のフジイチの反省。

白糸の滝に行こうかとも思ったが、午後からの雨もあるし胃痛もあるので、さっさとフジイチ終えて帰宅し ようということで、そのままK72フジイチルートを進んだ。
篠坂交差点を左折すれば水が塚。直進すれば十里木高原。どちらでもフジイチはできるのだけれど、前者は前回も走っているし、スカイラインを登るわけでもないので今回は後者を選択。

胃痛が、さらにひどくなってきた。本気で、ワイフにSOS要請しようかとも思ったくらいだ。
R469に突き当たって左折。ここからこどもの国の先、別荘地あたりまではずっとヒルクライムになる。
距離にして13㎞ほどか、勾配は4%平均くらい。
だんだん、胃痛が襲ってくる周期が短くなってきた。もう、何も考えずにひたすら漕ぐだけ。
胃痛がひどすぎて、はっきり言ってあまり周囲の風景とか覚えていない。
覚えているのは、途中の1人のローディーに抜かされたことくらい。
ただ、あとでSTRAVAのセグメントの記録を見てみると、そんなに遅くはなかったんだよね。
なんだかなぁ。。。

R469は十里木の別荘地を抜けるといつの間にか下りになっていた。
サファリパークを抜け、大野路という交差点でコンビニ発見。
もう、胃痛が限界を迎えようとしていたので、たまらずにソルマックを買ってしまった。
結果として、このソルマックが功を奏したのか、これ以降、胃痛が襲ってくる周期が長くなった。

(以下次回)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

フジヒル以来のスバルライン

峠病を発症して、とにかく坂を登りたいという病態なので、8月6日に向かった先は富士山。
富士ヒルの翌週はスカイラインを登ったので、順番からいえば「あざみライン」なのかもしれないが、今日は時間的な制約がある。
なので、アプローチがお手軽なスバルラインを登ってきた。

今回は、タイム狙いというわけではないので、楽々ペースで、ちょっと負荷がかかる程度で登ることとした。

ところで、梅雨明けしてからというもの、まるで梅雨のような天気が続く今年の夏。
案の定、週末はジメジメした空気に覆われていた。前日土曜日も湿度が高く、ちょっと動いただけで汗がドボドボ出てくる天気。
さて、今日はどうだ ろう。

5時半に起き、朝ご飯はおにぎり二個。
最近、雨の中を走ることが多かったので、ブレーキシューが減ってしまっていた。なので、まずはブレーキシューの交換。
そんなこんなで、出発したのは7時前くらいになってしまった。

スバルラインは夏の間は一般車両通行止めで、バスやタクシーの観光関係車両や工事関係車両以外、自動車はやってこない。
一般車がない分、朝早い時間は交通量がいつにもまして少ないので走りやすい。
しかも、午前中の早い時間帯は、森の日陰のおかげで直射日光を浴びなくて済むのだ。

ただ、そうはいっても湿度が高めだ。夜のうちに降った雨で、路面がぬれている部分も多くあった。

1合目下駐車場の手前でローディーを一人抜いた以外、下ってくるローディー2人とすれ違っただけ。
さすがに、この時期はローディーも少ないのか。。。

淡々としたペースで、とにかく登っていく。
いつもはX合目の看板とタイムとの比較で周囲を見る余裕なんてないのだけれど、今日はタイムはどうでもいいので、時折見える眼下の風景や、あるいは反対側の富士山の頂上なんかをみつつ、ああここからはこんな風景なんだと楽しみながら登って行った。

途中でお腹がすきだした。朝食おにぎり2個だけじゃ足りないんだな。
なので、走りながら煉り羊羹を食べた。いくらお気楽ペースとはいえ、きちんとエネルギー補給はしておかないとね。 

で、ゴール。いつもより15分ほど遅いが、今日はそれでいい。
平坦区間の途中から、霧が出てきてしまった。
なので、5合目の展望はゼロ。
image
 
それよりなにより、5合目は大混雑。車ではなくて、登山客で大混雑なのだ。
山開き以降5合目にいる人たちの目的地は、富士山の山頂。全員登山客。かなりごった返していたので、バイクを止める場所を見つけるのすら大変だった。
そんな中、ガードレールになんとかバイク を立て掛けられる場所を発見しとめると、ローディー2人がいた。
挨拶をして、彼らは先に降りて行った。

さて一休みして、霧だか雲だかの中で気温も下がってきたのでウィンドブレーカーを着こんで僕も降りようかと思ったら、少しずつローディーが到着しだした。
下っていくと、続々とローディーが5合目目指して登ってくるではないか。
なんだ、やっぱみんなスバルラインが好きなのね。

1合目まで下ると、先に降りていった2人組に追いついた。料金所でまたちょっと会話をし、僕は帰宅。

STRAVAを確認すると、週間走行距離がまだ90kmほど。
なので、夕方、近所を少し走ることにした。
山梨の自宅だと、周りは坂だらけ。
ちょっと走っただけで、あっという間に獲得標高を稼げてしまう。
でも、山の中だから日没後は真っ暗け。前照灯をフルパワーにしてその辺を1周して、無理やり週間走行距離を100kmにして本日のサイクリング終了。

富士ヒルが終わってまだ2カ月もたっていないし、今年に入って何本登ったかも覚えていない。
めちゃくちゃなじんでいるコースのはずなのに、ペースを完全に忘れてしまった。
今日はもともとタイム狙いで追い込んで走るつもりはなかったけれど、それにしても、X合目で何分って、全く覚えていない。
気が抜けるって、そんなものなのか。。。

本日の記録
走行距離:65.4km
獲得標高:1525m
消費カロリー:1606kcal
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

平坦練も悪くない

8月最初の夜練は、3日の平地練。前回のライドは7月30日だったので、中3日あいてしまった。
最近は仕事が忙しく、どうしても夜練できるような時間帯に帰宅できることが少なくなってしまった。
毎日でも走りたいのに。

で、どこに行こうかと考えながら出発したのだが、翌日は早起きして会社に行かなければいけないので、あまり時間のかかるコースはNG。
ということで、ひたすら平坦なコースをとることにした。

井の頭通りを通り抜け五日市街道にぶつかったら小平方面へ。
このコースは、とにかく、登りも下りもない。
しかもストレート。

五日市街道は玉川上水沿い。
小金井の先は、交通量も減る。
小平近辺までくると、ちょっとさびしくなる。
玉川上水にかかる橋はいくつかあるが、橋の上は街灯などで光が当たっても、その向こうは真っ暗ケ。
image

そういった橋のひとつでUターンして帰ろうと思ったら、ボトルが空になっていることに気付いた。
今日は比較的気温が低いとはいえ、湿度は8月の湿度で、汗がドボドボ出てくる。
なので、近場のコンビニでソルティライチの補給をし、いつもの帰路コースで帰った。

いつも坂を求めてばかりだけれど、たまにはこういう平坦練もいい。
特に今は夏休みになったからだろうか、気持ち交通量も少ない感じだし。
いくつかのセグメントで自己ベストをだすことができたのもまた収穫。
 
BlogPaint

 

最近の学びとしては、平坦なところではケイデンス95くらいで回すことが多いの だけれど、なるべく脚を使わないで回すというのがなんとなくわかってきたような感じ、ってことかな。
これで、長距離乗っても、脚を残した上で坂に挑むことができる。

そうそう、走る前は夜ご飯としてワンタンメン玉子入りを食べた。
家について一息つくと、お腹がすいてきた。
大盛を注文したい気分だったけれど普通盛にしちゃったのをちょっと後悔。

本日の記録
走行距離:37.1km
獲得標高:85m(ホント、平坦)
カロリー:734kcal(今月からカロリーも記録しようと思う)
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
livedoor プロフィール
メッセージ

名前
メール
本文
livedoor 天気
最新コメント
  • ライブドアブログ